Go to Top

体験レッスン事例~元気でおしゃまな6歳の女の子がご入会(緑園都市方面より)

アンピアノ教室(横浜市旭区)の赤松靖子です。

昨年末、12月30日のお話ですが、緑園都市方面からお越しの6歳の女の子さんが体験レッスンへお越しくださいました。
お母さまはフルタイムでお仕事をされていらっしゃるため土曜日しか来れず、年も押し迫る30日になってしまいました。

保育園に通っている6歳のMちゃん。
レッスン室に入ると、ピアノだけでなく壁に飾ってあるもの、貼ってあるもの、興味津々な様子で

「これ、なぁに?」

と、作曲家ポスターを指さしてママに聞いていました。

Mちゃんの可愛い声が聞けたので、私もすかさず最初のご挨拶を始めました。

次に、ピアノを初めて習うお子さんに必ず行う大切なこちらのゲーム!

黒鍵の2つと3つを上手に見分けることできるかな?
ゲーム感覚でマスコットを並べていきます。

それができたら

黒鍵2つ並んだ左側の指をストンとおろすと、そこがドの音ですよ!
と言いながら、まずは私がドの場所全てにおはじきを並べました。


じゃあ、次はMちゃんやってみようか!

コクンと頷くMちゃん、鍵盤2つを探して声も出さずドの場所におはじきを置く表情は真剣そのもの!
前部並べられた時は、とっても嬉しそうな笑顔を見せてくれました。

こんなにたくさんのドを見つけられてすごいね!よくできました。

こうして、徐々にグランドピアノの大きさに慣れてきたら、ピアノでどんどん遊びまます♪
使用するテキストは、今、楽しく無理なく学べると話題のピアノアドベンチャー!(3月には日本語版も出版予定です)


ピアノを使って弱い音、強い音、長い音、短い音、いろいろな弾き方を体験してもらいます。
どのお子さんも、体験レッスンではこの時が一番楽しそうな笑顔を見せてくれます。

例えば

イラストのトラさんはどんな声で吠えるのかな?

「ガオーッ!!」

では、ピアノでガオーって言いながらこの辺の音を先生と弾いてみましょう!

低い音を、ガオーッ!と言いながら一緒にジャーンと大きな音で弾いてみました。

だいぶ緊張もほぐれ、笑顔が出てきたところでピアノの楽譜を出します。


これはピアノを弾くための楽譜で、本のようなものですよ。
ピアノランドの「どどどどどーなつ」の楽譜をママと一緒に指追い(※)してみましょう。

※指追い:先生が弾くピアノに合わせて音符を指で追いかける練習をすること。

意外とこれが小さなお子さんにとっては難しいのです。

この後、先生と一緒にこの曲を弾いて終わりだからがんばろうね。

Mちゃんは、もう一度ピアノの椅子に座って姿勢をピッと正してやる気満々です!
最後まで先生と一緒に弾くことができました。

さあ、レッスンが終わったので、ありがとうございましたのご挨拶しましょう!

Mちゃんは恥ずかしそうに、でも、しっかりとした声で

「ありがとうございました。」

のご挨拶ができました。
このほか、書いていないこともありますが、30分の体験レッスンは以上で終了です。

 

お母さま「私はピアノがあまり楽しくなかったので、娘はとにかく楽しくピアノをつづけてほしい」

私からはお教室の規約や方針についてお話をし、お母さまからも何かご質問があればこの時間にお答えしています。
今回はもうお気持ちが決まっていらしたようで、その場でご入会いただきました。

そして

お母さまからは、ご自身のピアノ経験について、こんなお話をして下さいました。

「私は、子供の頃ピアノを習っていましたがあまり楽しかった記憶が無いんです。

母に言われて仕方なく練習していた感じで・・・。
ソナチネまで進みましたが小学5年生で辞めてしまったんですよね。

娘は前々からピアノを習いたいと言っていたのに、私自信に不安があってスタートが遅くなってしまいました。

そんな思い出があるので、とにかく楽しくピアノを続けてほしいという気持ちでいっぱいです。」

少し補足しますと、大人になってからは、やっぱりピアノを習ってよかったなと思い始めたそうです。

このお話を伺って、私からは

 

●6歳から始めるピアノは遅くないこと。
●お子さまの気持ちを優先して、無理なく楽しく続けられるレッスンをしていくこと。
●お母様はお家の練習を横についてみている必要はないこと。
●今のピアノレッスンは昔とは随分変わっていること。

 

など、いろいろお話しをして安心していただきました。
こういう苦い思い出があるお母様には、ぜひ、お子さまともう一度ピアノを習うつもりで一緒にレッスンへ来ていただいてその楽しさ、新しいことを知る喜びを味わっていただきたいです。

初めてお会いするお母さまと、随分長くおしゃべりしてしまいましたが、その間もお子さんはピアノの椅子にチョコンと座って

本棚からドラエモンの本を持ってきて、見よう見まねでピアノをポロンポロンと弾いていました。


 

ピアノが弾きたい!

 

という気持ちで溢れているMちゃんの横顔を、先生は見逃しませんでしたよ~!

 

レッスンは、昨日のブログでご紹介致しましたプレピアノコースで来週の土曜日からスタートします。

 

◆関連記事

体験レッスン事例:旭区二俣川方面からお越しの女の子(年長)と弟さん(年少)

 

初めてのピアノレッスンはアンピアノ教室(横浜市旭区)でスタートしませんか!

体験レッスンへぜひお越しください。

 

アンピアノ教室体験レッスンのお申し込みはこちらです

, , ,