Go to Top

特別ピアノ公開レッスンを聴講

昨日はとても貴重な経験をさせていただきました。

友人のkpl先生http://ameblo.jp/kpliyp/entry-12144699566.html
が受講した、パリ地方音楽院・カタルーニャ高等音楽院教授
ピエール・レアクの特別ピアノ公開レッスンの聴講です。
https://www.andvision.net/program/395-pierre-reach-piano-lesson.html

曲はメンデルスゾーン無言歌「春の歌」とバッハパルティータ6番から数曲。
レッスンがフランス語なので、通訳を介して・・・
でしたが
先生の言わんとすることは
ピアノの音色と共に伝わってきます。

同じ手、指なのに
どういうセンサーをお持ちなのか、不思議なくらい
音色は多彩でした。

友人の音色も、先生の演奏を聴くたびに
また、アドバイスを受けるごとに
どんどん良くなっていくことがわかる、まさにスーパーレッスンでした。

タッチ、手首
歌い方
フレージング

どれも、先生に注意されればされるほど
演奏が固くなり、行き詰まりがちですが

昨日は逆でした。

どんどん、心も開放されていくようでした。

”自由に表現していいんですよ。あなたの音楽を歌って。
ただし、音楽の決まりというものを守ってですが”

ジャズもクラシックも同じだなぁ。

そんなことも思いながら。

夢のような時間を私にも与えてくれた友人に心から感謝です。