Go to Top

ピティナピアノステップに参加した旭区二俣川、さちが丘、希望ヶ丘、戸塚区の生徒さん

旭区柏町にあるアンピアノ教室赤松靖子です。

日曜日は二俣川サンハートホールにてピティナピアノステップでした。
アンピアノ教室から参加した5名の生徒さん
全員が、がんばって何カ月も練習を重ねてきた曲を
素敵に演奏してくれました。

トップの写真、横浜市旭区南万騎が原から通ってくれている5年目Nちゃんは小学3年生。
ブルグミュラー「せきれい」とキャロリン・ミラー「雨に踊れば」
写真でもわかる通り、とっても感性が豊かなお嬢さん。
心をこめて弾いている様子がよーくわかります。
ステージ回数がかなり多いので、”私の演奏スタイル!”が出ていますね☆

初めて参加した小学1年生横浜市旭区二俣川方面から通うYちゃん。
ギロック「パリの花売り少女」春畑セロリ先生「なんていいお天気」
初めてで、あんなに落ち着いて演奏できたことだけでもすごいですね。
音符の長さ(音価)を十分に伸ばすこと、せっかちに弾かないこと!
よく考えながら練習した成果はちゃんと演奏に出ていました。

こちらはYちゃんのお姉さん。小学4年生です。
オルガンピアノの本4「ドイツのおどり」中田喜直先生「小さなお花のバレー」
やはり、初めてのステップ。大手音楽教室のグループから移って来たので
こういったステージで一人で弾く経験があまりなかったとお母様。心配されていましたが
私はぜんぜん心配していませんでしたよ。
日頃からとっても落ち着いた、大人びたところがあるお嬢さんです。
そして、妹さん同様、日ごろの練習は先生からの楽譜の書き込みをよく読んで
考えて、修正してを重ねてきてくれました。
その成果がとてもよく出ていた、心のこもった丁寧な演奏でした。

こちらもアンピアノ教室5年目、横浜市旭区二俣川方面から通うIちゃん。
「名探偵コナン」のテーマをパパ、ママと一緒に6手連弾。
ブルグミュラー「アラベスク」タンゴアレジをママと連弾しました。
ご家族でピアノを楽しんでいらして、とても素敵ですね!と
どのアドバイザーの先生方からも書いていただけました。
ずーっと弾きたかったアニメの曲を大好きなご両親と演奏できて
Iちゃんもとっても楽しかったようです。
「ピアノへの気持ちが変わりました」とママからメールいただきました。
Iちゃんのお話し・・・また後日ご紹介します。

そして、最後は・・・
私も一緒に連弾したので写真がない!(ごめんね)Nちゃん。
横浜市旭区南万騎が原方面から通う小学6年生。
バスティン編曲「エリーゼのために」とリュリ「チョップスティック」を連弾。
なんと、先月、右手小指全治一か月の骨折をしてしまいました。
本当は、「メヌエットト長調」を練習していたのに・・・
右手の小指。細くて弱い指ですが、音を響かせるためにとても重要な指ですね。
とても残念でしたが、万が一に備え連弾に変更を決めました。
せっかく練習してきたので、クリスマス会でリベンジしてもらいたいです。

全員が、コツコツ練習してきた成果をステージで思い残すことなく発表できたこと
私もスタッフをやりながら、誇らしい気持ちで見つめていました。
ピアノは練習すれば必ずその成果が得られます。
お子さまのピアノの成長を、ステージの演奏から感じることができるピティナピアノステップ。
ぜひ、ピアノを習っている皆さん、参加してみてくださいね。

最後に

新横浜ステーションの第1回ステップが、滞りなく終えられましたこと
スタッフの一人として大変嬉しく思いました。
これからも、ピアノを学習する生徒さんを代表の長崎先生、スタッフの先生方と共に
応援していければと思います。

 

 

, , , , ,