Go to Top

ピアノのやる気スイッチはお家でいかがですか?/横浜市旭区相鉄いずみ野線南万騎が原駅アンピアノ教室

横浜市旭区南万騎が原アンピアノ教室プレピアノコース

ピアノを始めようかな・・・
お子さんが4歳くらいになると、何か習い事をと思われるお母様は多いですね。
近頃はもっと早い時期からという教室もあるようですが
私は4歳って、いろんなこと総合的に考えてベストなタイミングと思っています。

話を戻して。
ピアノを習わせようかなと思われて
いろいろなお教室を探しご縁があったところでスタートしますね。

”やりたい気持ちMAX”でママもお子さんもレッスンへ来られるのは勿論ですから
毎回、やる気満々で、お子さまよりママの方が熱心に私のレッスンに参加されるくらい
一生懸命、お子さまのピアノが軌道に乗るようにと
私と二人三脚で毎週のレッスンを楽しく過ごしてくださいます。

その間、勿論楽しいばかりではなく、うまく行かないことにもぶつかります。
それでも、いくつかの山を乗り越えて2年くらいたつと
楽譜を開いて、お子さんが自分の力で弾けるようになります。
そのタイミングで、私はそろそろママは応援団へとシフトしていただくことにしています。

そうなると
今まで毎週お会いしていたママとの会話がなくなってしまい
お子さんと私との間だけでレッスンを進めていくので
私自身、今の進め方でいいのかな?と、迷うときがあります。

・家でどんなことを苦労して練習しているのかな?
・宿題はまんべんなく練習してるかな?
・わからないところは、すぐママに聞いちゃうのかな?

というわけで
ピアノを始めて〇年経って、今のお子様のピアノどうですか?
楽しそうですか?つまらなさそうですか?
レッスンの話はしますか?その時はどんな表情ですか?

そういう疑問を思いつく限り挙げてプリントを作り
全員のお母様に答えていただきました。

アンケートにはびっしりと、お家でのピアノの様子を書いていただき
意外なお子さんが、レッスンの報告を沢山していたり
その逆もあったりで
私もとても興味深く読ませていただきました。
そして、ママ達が抱えている悩みもよく理解できました。

ほとんどのご家庭で悩んでいることは
「練習時間が短い」「練習をあまりしない」
でした。

また、練習を聴いていますか?には
「練習している時に口出しすると不機嫌になる」
という声もちらほらありました。

「練習時間」については
練習プリント作ったり、楽譜に部分練習の回数書いたり
指練習の時間は最低5分など
数字化して工夫していますが
本当に大切なことは、子供たちが自らその必要性を感じることですね。

でも、今はとにかく言われた回数や時間を守る。
毎日ピアノを弾いてほしいので
レッスンアプリを使って、練習したことの報告を
スマホから私に毎日送ってもらっています。
練習すればするほど、ポイントがたまって
卵が成長する楽しいアプリのおかげで
レッスンダイアリーの時よりさらに!私が毎日子供たちのピアノ練習を
パトロールできるようになりました。
なので、ここは少し解決でしょうか?

「練習に口出しすると不機嫌になる」
については、ママからのアドバイスではなく
「先生はレッスンでどんなことをアドバイスしてくれたの?」
「楽譜の書き込みを見てる?先生はなんて書いている?」
と、とにかく「先生」を主語にしてくださいねとアドバイスしています。

それぞれのご家庭でのピアノレッスンのお悩みを
1つでも解決できるように
このアンケートをいつも読み返しレッスンしています。

そして、このアンケートをきっかけに
あるママとコンサートに行きましょうか♪という流れになって
来週出かけることになりました。
せっかく習っているピアノですから
お子さまだけでなく、ママもパパもどんどん巻き込んでしまう私です。

ご家族皆さんで音楽を楽しんで、
長い人生の、友としてほしいなと思います。

, ,