Go to Top

耳コピをしてきてくれた横浜市戸塚区W君(小学6年生)とのレッスン

横浜市旭区柏町、相鉄いずみ野線南万騎が原駅徒歩7分
アンピアノ教室の赤松靖子です。

今回は「耳コピ」に初挑戦してくれた横浜市戸塚区のW君(小学6年生)との実際のピアノレッスンについてご紹介します。

【耳コピレッスンは参考演奏を聴くことから】

W君が耳コピしてきた曲は「色は匂へど散りぬるを」

検索するとたくさん出てきますが、その中のどれを聴いてコピーしたのか?は重要です。
レッスンでもまずはいろいろなバージョンを聞いてみました。
このアニメの挿入として使われているものは、ディスコ調のリズムにのった歌ものでした。

彼はオーケストラアレンジが気に入って何度も繰り返し聴いてきたようです。

「ピアノで弾くならどのバージョンがいいと思う?」

「やっぱりオーケストラアレンジかな!」

「先生もそう思う!ピアノでどうやって弾こうかというイメージを作りやすいよね。」

そして、自分なりに「こう弾いてみた!」を聴かせてくれました。
真剣な顔で弾き始めたW君に圧倒されて、最初の演奏を撮れなかったことが残念でしたが、メロディだけでなく、左手の伴奏もつけて途中まで弾いてくれました。

メロディに伴奏をつけるためには、原曲をよく聴く必要がありますから、よく投げ出さず頑張ったなあと感心しました。

そして、沢山の質問攻め!

「最初をこの辺の高い音で弾いたらいいんじゃないかな~って思うんだけど、どうかなぁ。」

「最後、どうやって終わったらいいのかな~。」

「ここは、なんか・・・バンって入りたいんだけどどうしたらいいのかな?」

目を輝かせて話すW君は、耳コピしながらたくさんの疑問点を見つけたんですね。

すごいな~♪すごい成長です☆

その1つ1つに答える私のアドバイスをじっと聞いていました。

W君のイメージに近い形で私がピアノを弾いてあげると、弾くそばから鍵盤の端を使って必死に真似しようとしていました。

そうやって作った第1回目の「色は匂へど散りぬるを」ピアノソロアレンジはこちらです。

たった30分のレッスンでここまで弾ければ素晴らしい!!

そして、翌週のレッスンで一通り完成しました。

何度も聴いた曲を、頭の中で鳴らしながらピアノで弾いて、先生と一緒にどうやって表現しようか考え、2回めのレッスンでこれだけ弾ければ十分ですね!

W君も嬉しそうなとびきりの笑顔で
「ありがとうございました。」
を言ってくれました。

その後のW君、次は何の曲にしようかいろいろ聴きまくっていますとのご連絡がお母様からありました。

これからどんな風に私たちの耳コピレッスンが展開していくか楽しみです。

耳コピをやってみたい方、アレンジを勉強したい方へ、ポピュラーやジャズピアノの指導も致します。
ご興味のある方はぜひ一度、体験レッスンへお越しくださいませ。
(男性の方は面識のある方に限らせていただいております。)

アンピアノ教室体験レッスンのお申し込みはこちらです

 

 

 

 

, , , , ,