Go to Top

個人のピアノ+チームのミュージックベルの相乗効果

横浜市旭区柏町、相鉄いずみ野線南万騎が原駅徒歩7分
アンピアノ教室の赤松靖子です。

9月からクリスマス会に向けてミュージックベルの練習を始めました。

ミュージックベルは今から30年ほど前に日本で考案された、日本生まれの楽器です。
平成3年には文部省より小学校標準指定教材品目として選定されました。

旭区二俣川方面からお越しの女の子(小3)とママ、旭区さちが丘方面からお越しのご姉妹(小1、小4)とママ、旭区南万騎が原方面からお越しの女の子(小3)とママ、そして戸塚区からお越しのご姉弟とママ。

希望者を募ったところ、10名が参加して下さることになりました。

 

ミュージックベルの美しく響く音色は、クリスマスの雰囲気にピッタリですね。

その音色を聴いて楽しむだけでなく、楽器の扱いが簡単なので誰でも演奏を楽しむことができます。

それ以外にもお子さまのピアノに良い効果をもたらすことがたくさんある楽器だということをご存知でしょうか?

 

【ミュージックベルで学べる4つの音楽的効果】

①譜読みが楽しくできる

②拍子感やリズム感を養える

➂音をよく聴くようになる

④協調性、集中力が養われる

 

他にも良いところはたくさんありますが、本日は上の4つの項目について見ていきましょう。

 

【譜読みが楽しくできる】


ミュージックベルはメロディーだけが書かれた楽譜を見て演奏します。

まず初めに楽譜をもらったら、ベルを片手で持つ場合は1音、両手で持つ場合は2音を割り振っていますので、自分が担当になった1つか2つの音を探して〇印をつけてもらいます。(上の写真がその様子)

「きよしこの夜」「おめでとうクリスマス」「ひいらぎ飾ろう」

どれも聴いたのことある曲で、とても短いので、音符を読みながら自分の音探しをする作業はとても楽にこなせます。

写真の子供たち、あっという間に印をつけることができました。

 

【拍子感、リズム感を養える】

楽譜を見て、自分の音に印をつけたら、次はリズムの練習です。

一定のテンポにのって(先生の手拍子やメトロノームに合わせて)楽譜を見ながら全員で手拍子でリズム打ちをします。

楽譜は簡単ですが、伸ばす音符はしっかり数えないと一人だけ先走って手拍子をしちゃったりして目立ってしまいますね。


 

日頃のピアノの練習では、音価(音符の長さ)をきちんと数えていなくて、例えば1拍足りなくても、1人で弾いているから誰も困りません。

でも、みんなで音楽を創る時は、たった1拍でも短かかったり、長かったりすると、次の人は困ってしまいますね。

音符の長さ、休符をきちんと数えることで、リズムが明確になり、メロディは生き生きとしてきます。

それと同時に、ずっと同じ拍(速さ)で進む大切さも理解できるでしょう。

私が何も言わなくても、自然と体で拍子を感じて歌っている姿にそれは現れていました。

 

【よく聴く練習になる】

自分が担当した音を、ベストなタイミングで打つためには、他の人の音に耳を傾けなければいけません。

心の中で歌い続け、拍子を取りながら、メロディがきれいに流れるように気を配ることで、耳をすますということに集中します。

 

ピアノは左右の手を使って弾く楽器なので、一度に沢山の音が鳴ってしまい、耳をすますということがおろそかになりがちですし、右手のメロディだけを片手で弾く場合も、わりと何も考えずにポンポン弾いてしまいがちです。

けれども、旋律楽器(ピアノやギターのようにメロディと伴奏を同時に演奏できない楽器)を経験すると、メロディだけをひたすら耳で追うことの楽しさを味わうことができます。

ミュージックベルは、一緒に演奏する仲間の音のリレーに耳をすますという、とても素敵な体験をしながら、自然によく聴く耳が育つ楽器なのです。

 

【協調性や集中力を養える】

自分の担当した音は、たった1つか2つ。

つまり、一瞬でも別のことを考えてしまったら

「あっ!」

と思った瞬間には、時、既に遅し!

リレー選手がバトンを落としてしまうように、音はそこで途切れてしまいます。


演奏中の皆さん、楽譜をじっと見つめて集中してますね!

更に、お互いの音と音をつないでいく練習をしていく間に、自然と協調性が芽生えます。

皆で協力して作る音楽体験は、普段のピアノレッスンでは味わえない世界です。

 

【ミュージックベルには魅力がいっぱい】

このように、美しい音色のミュージックベルの経験を通して学べることはたくさんあります。

どれも、ピアノの練習に欠かせないことばかりですね。

上には書きませんでしたが、誰でも音を鳴らせる楽器なので、ピアノ経験がないご家族の方とでも、一緒に音楽の経験ができるということろも大きな魅力です。

ピアノレッスンを通して、ご家族皆さんで楽しい音楽の思い出を作っていただくこと。

それが私の大切な役目です。

クリスマス会というイベントも、お教室に通う皆さんへの大切な思い出の1つとなりますようにと、ただ今楽しいこと、考えているところです。

 

アンピアノ教室は、お子さまのピアノレッスンを通して、様々な音楽体験や音楽イベントをご家族皆さんとご一緒に楽しんでいただけるピアノ教室です。

私と一緒に楽しいピアノ教室の思い出を作りませんか。

アンピアノ教室体験レッスンのお申し込みはこちらです

 

 

 

 

, ,