Go to Top

ピアノの構造セミナーを企画しました~横浜市旭区相鉄いずみ野線南万騎が原駅アンピアノ教室

ピアノ構造セミナー

ピアノレッスンを通じて、豊かな感性、自発性、個性を育てる横浜市旭区南万騎が原アンピアノ教室
赤松靖子です。

ピアノは誰でも弾けば簡単に音を出すことができます。

この意味・・・おわかりになりますか?

例えば、私が習っているバイオリン。
音階の練習をするにも、1つの音を出すにもとても苦労します。
息を入れる楽器もそうですね。
音が当たらない・・・
娘は吹奏楽部でホルンでしたが、よくこう話して苦労していたようです。

そんな他楽器と比べると
ピアノはとりあえず、音を出すことは簡単です。
それ故に、自分の出した音に対して鈍感になりやすいです。
両手を使って一度に沢山の音を鳴らすため
両手で弾けることやテクニックにばかり神経が行ってしまいます。

なので、良い耳を持ち、自分の出した音色に耳を集中させることは
ピアノ演奏者にとって、かなり意識しなければならないことです。

もちろん、そのための指先のコントロールや体の使い方
についてのセミナーはみなさん沢山お勉強されていると思います。
が、実は・・・

「ピアノの構造を知ることで、楽器の能力を最大に引き出し
音色を自在に操ることができるようになるのです!」


ピアノ構造セミナー 横浜市旭区南万騎が原アンピアノ教室

ピアノ構造セミナー

こちらは、昨年の夏子供向けに行っていただいたピアノ構造セミナーでの横山さんです。
あの時も、子供向けに短めにお願いしましたが結局2時間くらいとなりました。
長時間のお話でも子供たちは終始くぎ付けとなる、アイデアにあふれた内容だったこと思い出します。

 

 

 

 

 

 


弾けば正しい音程で鳴るピアノという楽器
音が鳴るまでの仕組みは複雑です。
そんなピアノという大きな楽器の力を最大限に使って音を出せること
知る機会はなかなかないと思います。

昨年の夏、子供たち向けに開催したピアノの構造セミナーがきっかけで
この度、このようなピアノ指導者向けのセミナーを開催させていただくことになりました。
参加費が無料なのは
音楽と共に歩んで来られたペテロさんの
自分が学んで来たことを皆さんにお伝えして音楽にお返しをしたい。
という熱い思いからです。

ピアノ指導者向けですが
今回特別に、アンピアノ教室の生徒さん、保護者の皆さまもご参加いただけます。
既にお申込みいただいております。

このセミナーに参加希望される方は
アンピアノ教室のホームページ、お問合せのページからお申込みください。
こちらからどうぞ↓
アンピアノ教室 お問合せ

沢山のご参加をお待ちしております。

, ,