Go to Top

ブルグミュラーコンクール予選通過おめでとう!旭区さちが丘と旭区南万騎が原からお越しの生徒さん(小4・小5)

横浜市旭区柏町、相鉄いずみ野線南万騎が原駅徒歩7分
アンピアノ教室の赤松靖子です。

昨日はブルグミュラーコンクール東京大会予選でした。

お教室からは、7月に書いたブログ記事に登場した2名の生徒さんが参加しました。

結果は、2人とも予選通過です!

おめでとう♪♪

この3か月間本当によく頑張って練習してくれました。

 

旭区さちが丘方面からお越しの小4の生徒さんが演奏した曲は「清らかな流れ」

透き通るくらいきらいな水が流れる小川や、その周りの景色を想像できるような演奏ができました。

昨日は初めてのコンクールで予選通過したことに実感が湧かず、とりあえず目標にしてきた予選が終わった!ことにホッとしているようでした。

 

旭区南万騎が原方面からお越しの生徒さん小5の生徒さんが演奏した曲は「つばめ」

突き抜けるような青い空につばめが飛び交う様子を想像できるような演奏ができました。

小さい時にコンクール経験があった彼女は、予選通過に目が輝いていました。

昨晩、早速お礼の言葉と共に帰ってからの様子をお母さまがご連絡くださいました。

 

「予選通過がよほど嬉しかったのか、帰ってからまた弾いていました。」

「目標を持つことの素晴らしさを感じました。」

 

私の指導の柱の1つである「目標を持つこと」を実感していただけたこと、大変嬉しく思いました。

ファイナルは11月26日。

7月にコンクール参加を決めた時は、まだ、これから始まるコンクールレッスンはぼんやりとしていた2人。

予選通過という目に見える結果をいただいけたことは、先生から指示されるままに練習してきた3カ月から一歩前進できるチャンスです。

ここからは、もう先生の指示を待って練習するのではなく、自分で考え、どう練習していくか考えて取り組むことがポイントです。

子供たちと審査員の先生から頂いた講評を一緒に読み、どんな練習をしたらより良い演奏になるか一緒に考え、毎日の練習時間を充実してもらいたいです。

 

「自分で考えて練習するってこういうことなんだ!」

 

そう言ってもらえるように導くことが、私の目標。

 

私自身の子育て経験から、親子で一緒になって目標に向かって取り組めるのは小学生の間です。

二度と戻らないこの大切な時期、ピアノを通して様々なチャレンジをしてみませんか!

アンピアノ教室は、ピアノを継続するために必要な目標設定を大切にし、大変なことにもチャレンジしようという気持ちを育て、お子さまをママと一緒に応援するピアノ教室です。

※2017年12月5日追記

「ブルグミュラーコンクール予選通過から東京大会へ!2名の挑戦者をレポート」

アンピアノ教室体験レッスンのお申し込みはこちらです

※関連記事

ブルグミュラーコンクール優秀賞おめでとう~旭区希望ヶ丘の女の子(小2)

ブルグミュラーコンクール予選通過おめでとう!旭区さちが丘と旭区南万騎が原からお越しの生徒さん(小4・小5)

「コンクールに出て賞状をもらいたい」頑張り屋旭区希望ヶ丘Iちゃん(小3)の挑戦!

●「コンクールにチャレンジする!」思春期の心を動かす言葉

 

 

 

 

, ,