Go to Top

耳コピとピアノアレンジのコツ・その①アレンジの手順

横浜市旭区柏町、相鉄いずみ野線南万騎が原駅徒歩7分
アンピアノ教室の赤松靖子です。

「耳コピ」に初挑戦してくれた横浜市戸塚区のW君(小学6年生)のレッスン曲を題材に、耳コピした曲をピアノで演奏するためのポイントを4回に分けてご紹介します。

目次:耳コピした曲をピアノで演奏するためのポイントを解説!

●第1話:アレンジの手順←本日はこちら
耳コピした曲をピアノでいきなり弾くのではなく、まず初めにやらなければいけないことがあります。

第2話:左手の伴奏形
メロディに合わせた左手の伴奏形のパターンを動画解説でご紹介します。

第3話:コードはベースを聴くことから!
コードが聴き取れない場合はベースを聴くことがポイントです。

第4話:ブレイクとフィルイン
全体ができてきたら、ブレイクやフィルインで味付けするとぐっと曲が引き締まります!
その方法について、動画解説致します。

~第1話:アレンジの手順~

まず初めに、W君が耳コピしてきた曲は「色は匂へど散りぬるを」をお聴きください。

【アレンジをするときの手順】
●全体の構成を聴きながら把握する

この曲くらいの短いサイズの曲でも、耳コピしながら必ず構成を弾き始める前に考えます。

①イントロ

②Aメロ

➂サビ

④コーダ

この曲の場合は、①のイントロはサビから始まり、その後イントロとなりますね。

だいたいの流れが理解できたらここからが大切なポイントです。

●構成を簡単な楽譜にする。

●コード進行を記入する。

●フィルインやブレイクは必ず書く

●メロディを書く。(ピアノの場合は出だしだけでも書くことをお勧めします。)

途中までの楽譜を参考までに作ってみました。


 


メロディが頭の中にあれば、これで練習はばっちりです。


【構成譜を書く理由】

●聞き直しした時の修正が簡単で早い

メロディは鼻歌できるくらい覚えてしまっても、左手の伴奏はどんな和音を弾いているのか?さっきはこんな音に聴こえたけれど今聴いたらやっぱり違う・・・というようなとき、繰り返し曲を聴きながらチェックを入れられるので便利です。

●メロディ以外の音で気になった音やリズムを書き込める

何度も繰り返し聴いている間に、メロディ以外にいろんな音が聞こえくるようになります。何か気になったことをメモ書きしていくことで、最終的にピアノで両手で弾くときの引き出しが増えます。


【アレンジの手順についてのまとめ】

「耳コピした曲をピアノで弾きたい!」

と、思ったW君(小6)が自宅であれこれ悩みながらピアノで弾いてきたことは立派なアレンジです。

アレンジというとなんだかとても大袈裟に聞こえてしまうかもしれませんが、耳コピした曲をピアノで表現するってそういうことなのです。

聴きながらピアノでどんどん弾いても構わないのですが、やはり「書く」ことは大切です。
最初からこうして全体を書くことが習慣になれば、将来、もしW君がバンドをやりたくなった時に必ず役に立ちます。

この記事をご覧になった皆さまも、耳コピした曲をピアノで弾こうと思われたら、まず、ざっくりで構わないので全体の構成を楽譜にしてみてくださいね。

次は耳コピした曲の左手伴奏形について見ていきましょう。
「耳コピした曲をピアノソロで演奏するための方法・その②左手伴奏形」

耳コピをやってみたい方、アレンジを勉強したい方へ、ポピュラーやジャズピアノの指導も致します。
ご興味のある方はぜひ一度、体験レッスンへお越しくださいませ。
(男性の方は面識のある方に限らせていただいております。)

アンピアノ教室体験レッスンのお申し込みはこちらです

 

 

 

 

, , , ,