Go to Top

生徒も先生も輝く演奏・指導法

横浜市旭区南万騎が原アンピアノ教室ブログ

昨日は”生徒も先生も輝く演奏・指導法”
セミナー2回目でした。

講師はコンクールで一度も予選落ちを出したことがないという方。

すっごいですね!!

先日のブログに書いたことと矛盾してしまいますが
コンクールについて、いろいろ思うことはあれど
予選通過する生徒さんをどうやって育てていくのか?
知りたい気持ちはマックス↑あります。
知らなければいけないとも思っています。

己を知るという意味で。

このレッスン形式の講座を受講して
だいぶいろいろなことが見えてきました。

それについては
お教室だよりで追ってご報告致します!

具体的なピアノ演奏について1つご紹介すると

自分の音をよく聴くこと!

当たり前のようなことですが
実際聴いていない子の方が多いです。

ある音から次の音へ、どのように音が繋がっていくのか?
例えばそれが ド~レ だとしたら
ドとレの間の音を聴くということ。

コンクールを目指す子供たちの感性は
こういった先生の問いかけに反応し
どんどん鋭くなっていくんですね。

こういう過程を経験することこそが重要。
コンクールを目指す意味はそこにあるわけです。