Go to Top

スケール手帳に合格シールもらったよ!

このところスケールのお話しばかりですが
木曜日、お教室でトップバッターのスケール4オクターブ合格者が出ました!
おめでとう♪

今月末のスケール検定に参加できないとのことで
高学年で弾き慣れているということもあり
レッスン中に行ってしまいました。
私としては、4月から6年生にもなるし
ちびっ子たちのお手本になるべく!
先輩らしさを検定試験の場で発揮してもらいたかったなあ。残念。

4オクターブとなると、ピアノの鍵盤を端から端まで弾けるので
本人の満足度が高いです。

今日の生徒さんは、バスティンを4巻までコツコツと進めてきて
1オクターブのスケールとカデンツはかなり弾いてきました。
更に、1年ちょっと前からハノンを始め
2オクターブのスケールとカデンツを先週、全調終了しました。

なので、今日の4オクターブは
もう楽譜なしでも勝手に指が動いている状態。
カデンツもIの和音を言えばそのあとが自然に出てくるほど。
なので、今はそれにコードネームを意識してもらっています。

さて。
弾き終わって手帳を見せてあげたら

わー!今のは何がつくの?(評価のこと)

うーん!先生は厳しいよ(笑)

コメントは?コメント!!何か書いて書いて!

と・・・いつになく賑やか^^;

お教室のロゴが合格シールです。

それを貼ったらとても嬉しそうな笑顔。
その素直な心に触れて、私も温かい気持ちになりました。

CIMG2536

番付表の札も、2週目なので可愛くしてきてもらいました。
こういうところにも個性が出ますね。

こうやって長い時間をかけて積み重ねてきたことは
体の中に浸透しているので
これから先、他の楽器に転向しても習得が早いこと間違いなし。

吹奏楽部に入ってクラリネットがやりたいです。

入会時にそう話してくれたね。
それも、もう、目の前。