Go to Top

スケールの練習加速プログラム

スケールテキスト 横浜市旭区南万騎が原アンピアノ教室

私が作った「魔法のドリル」は音符読みドリルとスケールの練習ドリルです。

これを私の書いた練習方法に則ってコツコツ続けていると
「魔法」の理由が見えてきます。
土曜日のレッスンで、小2の生徒ちゃんがこんなこと言ってきました。
先生!私、あんまり練習しなくても手が勝手に動くようになってきたよ♪

うわー!すごいね。
先生が「魔法」って書いた理由がわかってきたかな?

そっかー。だから魔法がつくんだね。

その魔法に全員かかってもらいたい一心で
スケール手帳を考案しました。
そして、スケール検定も行うことに決めました。

お友達の前で弾くことで
より、確実に自分のものになりますし
お友達はどのくらい進んでいるのか
お友達がどのくらいの速さで弾けるのか?
個人レッスンではわからない、他者の存在を意識できる
良いチャンスだと考えています。

最大6つの調まで受けられるので
早い生徒さんは2回で横綱ですね☆

その手帳作りを
高学年女子3人(グループレッスンの仲間)に
昨日は手伝いに来てもらいました。
CIMG228

 

手よりお口が動くので
早々におやつタイム(笑)
ガールズトークに耳を傾けながら
その会話のすごさに苦笑いしていた私でした。

CIMG2521

今朝は残務処理です。
とりあえず、10冊作って一休み。

「無理!」
「めんどー!」
「えー!まだあるのー!」

を連発していた子供たち。
先生の裏方仕事に何か感じてくれたかな?