Go to Top

レッスンダイアリーのデジタル化について検討中

横浜市旭区南万騎が原アンピアノ教室

ピアノは、数ある子供たちのお稽古ごとの中でも
レッスンに通う時間以外にも、練習を必要とする(できれば毎日)
特殊なお稽古事と言えると思います。

「ピアノの練習したの~?」
「したよ~!」

きっと、ピアノを習っているご家庭では日々こんな会話が交わされているのではありませんか?

そして、子供たちが「したよ!」と答えたら「そう!」で、終わることがほとんどでは?

でも、実際は子供たちが練習”した”か、”しなかった”かの先にある
”それで・・・どんな練習をしたの?”
が重要なんです。

それをまず、子供たちが理解していることが大切と思い
私の教室ではオリジナルのレッスンダイアリーを渡し
今日のピアノレッスンについて、簡単でいいので
こどもたちに書いてもらっています。
お子さんにより、中を開けるといろいろですが
どんなに言葉が少なくても
”りょうてでひく” ”かたてずつゆっくり” ”すらすらひく”
など、かわいい字が書かれています。

それを保護者の方が、目を通してくださっていればいいのですが・・・
皆さんお忙しいので、手が回らないという状況でしょうか。
私も二人の子供がいますから、それもよくわかります。
でも、やっぱり、今どんな曲を、どんなふうに弾いているのか
いつも把握しておいてほしいというのが、指導者としての本音。
どうしたら、いつも気にかけてもらえるだろうか・・・

と・・・
先日すごいチラシを見てしまったんです。

”レッスンタイム”
https://lesson-time.com/
生徒さんの宿題や毎日の管理をデジタル化できるというのです。
「これは説明会を聞かなくては!!」と思い
昨日はピティナ本部へ行ってきました。

ものすごい優れたアプリでびっくりです。
今後できるようになることも魅力的で、待ち遠しいくらいです。
ところが!
1つ気になったことが・・・

これだと、生徒さんたちは受け身になってしまうということ。
子供たちの自主性を!と呼び掛けてきたことが逆になってしまうことに
心が大きく揺れています。

私たちも、レッスンが終わってから一人ひとり思い出しながら
入力することはとても無理で
時間内にパパッと入力することが必須です。
40分という貴重なレッスン時間に支障がないようにできるか?
頭で考えていてもしょうがないので
とりあえず、お教室内で3名モニターさんを募ることに決めました。
当面は、レッスンダイアリーも並行してという条件です。

少し前に、こういうアプリがあれば~!とつぶやいたばかりだったので
こんなに早い登場に、いささか困惑気味ですが
家での練習を強いられるピアノのお稽古
レッスン内容を保護者の方にいつも気にかけていただくことで
上達が早くなることは間違いありません。

ピアノが上手になる!=楽しい!

そこに焦点を当てることがまずは先決と考えています。