Go to Top

ピアノレッスンの初めはゆっくり、じっくりが大切~戸塚区、緑園都市からお越しの生徒さん(小1女の子)

横浜市旭区アンピアノ教室です。

今月からピアノレッスンをスタートした戸塚区からお越しの女の子(小1)と緑園都市からお越しの女の子(小2)が来ます。
レッスンの準備は数日前から始まります。

なぜ数日前かと言うと・・・あっちこっちのテキストから
今日のポイントに合ったいいとこ取りをするから。
テーブルにあるだけの導入書を広げて、40分のレッスンプログラムを作るには
けっこうな時間がかかるのです。

そしてそれは、”ピアノを弾く前にやること”ばかりです。

最近途中入会や、3年生とか5年生でピアノスタートが多かった私の教室ですが
今春は1年生からという2人が来てくれて嬉しいです!
私自身が、先を慌てずに進められるから。

今、大きくなっちゃったおチビちゃんたちに使ったグッズ、プリント
あのテキストも、このテキストも使ったなあ。
小さかった頃の子供たちのアルバムを読み返すような
懐かしい気持ちを味わいながら考えている時間はあっという間で楽しい。

本日のポイントは
ドレミを上ったり下りたり、1つ飛ばしでもそれが言えるかな?
それから、写真にした指番号通りに指を動かせるかな?
シールやオリジナルのドレミカードを使います。

指番号については、とても大切なことなので
このプリントをたっくさんお家でやってもらいます。

2人ともお兄ちゃん、お姉ちゃんが既に習っているので
それを横で見てきただけに、弾きたがると思いますが
(実際、見よう見まねで弾いているそう)
ここはじっくりと時間をかけて
焦らずにが大切。

子供たちが”苦手”と思うようなことを先取りして
”当たり前のこと”
として、できるようにしてあげることが
私の最初のお仕事です。

 

 

, , ,