Go to Top

小さな子供がピアノを弾く前にするべきこと

ピアノレッスンを通じて、豊かな感性、自発性、個性を育てるアンピアノ教室
赤松靖子です。

唐突ですが
フィンガートレーナーという言葉を聞いて、ピンとくる方いらっしゃいますか?

私は、先日のセミナーで初めてそういう方たちの存在を知りました。
ピアノを弾く理想の手を作ることを長く研究を重ね、今なお進化中という
御木本メソッドです。

セミナーでしたが、グループに分かれたテーブルにはトレーニンググッズが置いてあり
その使い方を実践することができました。

私の3、4歳児の導入レッスンは
まず、ドレミを覚えたり、音符を読んだりリズムを叩いたり、歌ったり
お子さんとママと私、3人で
まずは、”弾く”より”ソルフェージュ”を強化することからスタートします。
少しずつ、様子を見ながら”ピアノを弾く”につなげています。

なので、小さな子供の柔らかな手で大きなピアノを弾くことは大変!
と、十分わかっていると思っていました。
でも、今回のセミナーを受講して、まだまだ理解が甘かった!ことに気づきました。

ピアニストになるわけじゃないし、家にあるのは電子ピアノ
そこまでしなくても・・・
と思われる保護者の方のために
ピアノを弾くために、”手を作る”必要性があることを
指導者である私が十分に理解し説明できるだけの知識を持つことができただけでも
とても意味のあることだと感じられたセミナーでした。

ピアノは座って演奏するので、”運動”と思う方は少ないかもしれませんが
十分、スポーツと同じ ”運動”です。
両手、両足を使い、全身を使って演奏する楽器です。

長く続けている間に、子供たちの口から
「先生、クラシックの有名な曲が弾きたい!」
と言われることがよくあります。
「トルコ行進曲」「子犬のワルツ」「エリーゼのために」・・・
やっと自分からそう思って練習を始めた時に
その手が名曲を楽に弾ける手であってほしいから。
これから、更に導入のレッスンに力を入れていきたいと思っています。

アンピアノ教室では、3歳から7歳の始めてピアノに触れるお子様の生徒さん募集中です。
ただいま、お得な春のキャンペーン中です。
お気軽にお問合せ下さい。

 

, ,