Go to Top

ママのための音学講座第3回

アンピアノ教室(横浜市旭区)の赤松靖子です。

7月からスタートしたママのための音楽講座も今回で3回目となりました。
毎回参加してくださるお母様、そして生徒さんありがとうございます。

~目に見えない、形に残らない、感じることだけしかできない音楽を頭で考える楽しみ方のご提案~

をコンセプトに第1回目は本当に基礎の基礎①音の高さ➁音の長さ⓷リズム➃読譜(模様読み)についてお話させていただきました。

2回目は、①音階とは?➁拍子とは?③タイはたいへーん!
この2点に絞りお話したり、親子で問題挑戦したり!

3回目9月の資料はこちらです。

最初に先月※宿題にした③タイはたいへーん!をみんなで答え合わせ。

※宿題・・・前回拍子で扱った2分の2拍子の例の1つにボサノヴァをあげました。
ボサノヴァは大人ならわかるけれど子供たちはあまり知らないジャンルですね。
そこで子供たちもよーく知っている「ちょうちょう」をボサノヴァアレンジにして、テーマを楽譜に書きました。
その楽譜にはタイがたくさん!(あえてたくさんつけましたが)これを、リズムうちしてくることが宿題です。

サンハイ!でリズムが合うかな~?

その後、ボサノヴァ繋がりからシンコペーションというリズムを使って言葉遊び。

そして、最後に今回から楽譜探検(アナリーゼ)してみます。
ピアノを習っている人ならどこかで聞いたことがあるでしょうブルグミュラーの「アラベスク」と「貴婦人の乗馬」の予定でしたが、急遽ギロックの「ウィンナーワルツ」に変えました。

どちらも改めてお話しようとアナリーゼしてみるといろいろ発見があり、私自身勉強になりました。

「アラベスク」は第1回目にみんなで楽しんだ連符でラップ!を思い出してもらおうと思い、最初のメロディに歌詞を付けてみました。
5文字ってけっこうありますね!題名のアラベスクもそうだし、クリスマス、サンタさん、プレゼント、トナカイが、持ってくる(撥音便入りますが)

子供たちは歌詞を付けると大喜びで何回も弾いてくれるので16分音符の粒をそろえる練習にはGOODです。

ギロックの「ウィンナーワルツ」は構成を見たり、似ているようでちょっと違う響き、メロディの違いなど見つけたいと思っています。
ギロックは大好きなので、お話したいことがたくさんありすぎで困ります(笑)

最後にクリスマス会に向けて「ホワイトクリスマス」をハンドベルで練習。ハーモニーも付けてみます。

かなり濃い90分となりますが、どうぞお楽しみに。

また、これとは別に人生の後半を音楽と共に過ごしたいと思われている愛好家の方向けに大人の音学講座も企画しました。

残席4名となりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

, , , , ,