Go to Top

僕も早くピアノのレッスンしたいな♪~二俣川からお越しの年中さん(4歳)の男の子

アンピアノ教室(横浜市旭区)の赤松靖子です。

初夏を思わせるような好天に恵まれたゴールデンウィークが終わり、今週から普段の生活に戻りましたね。
休みが終わった途端、急に気温が下がり、今日も冷たい雨で、パソコンを打つ手もヒンヤリ。寒がりの私は暖房を入れています。
気温差や新しい環境での疲れで体調を崩さないよう、衣類の調整やメンタル面でもママ達は気を使う季節の変わり目、どうぞ風邪など引かれませんようお気を付けください。

さて、半年前の9月に6歳のお姉さんと一緒に体験レッスンにチャレンジしてくれた二俣川方面からお越しの弟君が、この4月から待ちに待ったレッスンをスタートしました!

お姉さんと体験レッスンに来たときは、まだ3歳半。
来るまではやる気満々だったようですが、お教室に着くまでの間、車に揺られたら、気持ちよくなってお昼寝してしまい・・・

目覚めた時は知らない場所に到着!
体験レッスンはほとんどママにしがみついている状態でした。

その時の様子はこちらからお読みいただけます。

体験レッスン事例:旭区二俣川方面からお越しの女の子(6歳)

その時の様子から、私とお母様は同じことを感じ、もう少し弟君(T君)の成長を待ちましょうという暗黙の了解となりました。

あれから半年経って、3月で4歳になったT君。

「ぼくもピアノやりたいなぁ~♪」

お姉さんのレッスンの帰り道、口に出すことが増えて来たようで、ある日お母さまから

「先生、そろそろいいでしょうか?」

と、お話を頂戴しました。

私も、お姉さんのレッスンをいつも静かにママと一緒に待っている(ほとんど夢の中^^)なT君が気になっていたところでしたので

「そうですね!4月から始めましょうか。」

そして、午後はまだまだ眠くなることを考慮して、土曜日の朝10時から、まだ元気な時間を選び4月から満を持してのスタートです!

毎週、小さな体に大きなリュックを背負って、中にはテキストを3冊入れて、大きなお目目をクリクリさせてやる気満々で登場する姿は本当にかわいらしく!
鍵盤のチョキとグーを探すゲームや、鉛筆を正しく持って〇を書いたり、歌を歌ったり、どの瞬間も一生懸命な姿に先生の方がメロメロです。

「いつも歌を歌っていて、音楽がとっても好きなんです。」

そうおっしゃるお母様も、T君がちゃんと集中してレッスンを受けている姿を嬉しそうに見つめていらっしゃいます。

まだスタートしたばかりですが、どんなピアノ男子に成長してくれるか?その将来を思い描きながら、二度とないこの可愛らしい時期を見守り、導いていけるこの仕事の幸せを感じています。

 

 

 

, , , ,