Go to Top

ピアノ教室のホームカミングデイ!

アンピアノ教室(横浜市旭区)の赤松靖子です。

昨日はアンピアノ教室の卒業生さんと初めてのホームカミングデイを開きました。
ホームカミングデイって、ご存知でしょうか?

私は、自分の子供たちが大学生になり、年に数回送られてくる会報で知りました。
大学は、全てがそうかはわかりませんが、うちの子供たちの学校は文化祭シーズンに行われています。
母校を訪れるきっかけを学校が作ってくださっていて、とてもいいなあといつも読んでいましたが、フト・・・

ピアノ教室にもそんな日があったらいいかも!

と思い立ち、今年から始めてみることにしました。

1回目の昨日は、卒業生のほとんどが受験や部活、塾、アルバイトなどで忙しく、お母様含めて5人のご参加。暑い中ありがとうございました。

 

 

今回は、肝心の私が夏風邪で体調悪く(かなり珍しい!)おもてなしの元気が出なくてごめんなさいでした。
それでも、持ってきてくれた楽器(ベース、アコギ、オーボエ)で3曲合わせてみました。

いきなりでも、なんとか形になるところがさすが!
と思ったけれど、2曲目の「星に願いを」は撃沈(笑)この重い空気をなんとかして~!(作った張本人は私です)
からの、あいみょんで、またググンとみんな笑顔。

夫からのベースギターレッスンもあり、吹奏楽部のHちゃんはスラップを習得&弦も新しくなって、忙しい中来てよかったと思ってくれた・・・かな?

軽音楽部に入ったばかりのもう一人のHちゃんは、ピカピカのアコギを持ってきてくれました。
でも、最後にはうちのエレキギターを抱えて「これのピンクが欲しい~!」と訴えていました(笑)

ホームカミングデイを考えたのは・・・

昨年の発表会を境に、ピアノのレッスンを中学生までと決めたことで、もっとお教室に通いたかった生徒さんへ、私流のこれもレッスンの1つです。
一度ピアノ教室をやめても、また弾きたい気持ちが芽生えたら、新たな気持ちでお教室へレッスンに来てもらえたらなというアン先生ならではな方針です。

”常に目標、目的を持って通ってほしい”

目標は
「この曲が弾けるようになりたい」

それで、十分なのです。

今までの流れの延長で通っていると、弾きたい曲はあっても「いつまでに!」が発表会でもない限り設定しにくいから、なんとなーく来たり来なかったり、練習もしたり、しなかったりになりがちです。
でも
「夏休み限定」
となったら、スイッチが入るのではないでしょうか?

昨日のように、集まっておしゃべりするもよし!
夏休み中に何回かレッスンにきて1曲仕上げるのもよし!

そんなアンピアノ教室のホームカミングデイが、来年もできればいいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

, , ,