Go to Top

スケール検定とおさらい会2日目~旭区希望ヶ丘、緑園都市の生徒さん他

おさらい会 横浜市旭区南万騎が原アンピアノ教室

ピアノレッスンを通じて、豊かな感性、自発性、個性を育てる横浜市旭区南万騎が原アンピアノ教室
赤松靖子です。

おさらい会2日目は旭区希望ヶ丘、さちが丘、泉区緑園都市からお越しの3名だったので、お教室で行いました。
アットホームな雰囲気ではありましたが、やはり、たとえ1人でも聴衆がいるというだけでいつもと違う空間になります。
緊張感ある中での演奏、今年度の振り返りができました。



1日目は、ハプニング!があり出鼻をくじかれた私
写真を撮る余裕がなかったのですが
2日目はしっかり記録できました。

さて、2日に分けて行った年度末のピアノのまとめイベントが終わりホッとしたわけですが
今回も”振り返ること”の大切さ
目標を持つことの大切さ
をしみじみ感じました。
そして、
前日まで迷っていた保護者の方へ向けたアンケートを
やはり取らなければ!と思い立ち、昨日来られたママには早速お渡ししました。

なぜかというと・・・
振り返りの中にある私からこんな質問

「ピアノの練習が十分できたかな?それとも、もっとできた?」

それに対して
「以前よりピアノの練習時間が減りました。」という発言がありました。

フムフム。そうですね。

それは、どうして?

どうしたいと思っていますか?

と、更に突っ込みたかったのですが
それについてはレッスンで2人でお話しすることとして
やはり、そうなってしまっている現実をお宅で見ているママ達にも
どのように感じ、どうされたいと思っているのか?
きちんと把握して、来年度の毎回のレッスンに役立てなければ
その子のピアノは、このまま放置したらよくない結果を迎えてしまいます。

ピアノの上達には、練習することと継続が大切です。
高学年になればなるほど、練習することと
更に、内容の濃さも大切になってきます。
長く続けていると、どんなに好きなことでも中だるみが出る時がありますね。
それを早いうちに解決することで、また、以前のように練習できるようになっていきます。
そこを上手に修正し、まだ、軌道に乗せてあげることが
先生の役目であると思っています。

というわけで、振り返りを保護者の方にもしていただくという
初の、ピアノレッスン、中間期!アンケートを取ることに致しました。
更に、こちらを元に希望される方とは面談もします。
面談って・・・なんか学校みたいで固いですね。

実際は、お茶をいただきながら、世間話しながら!楽しくコミュニケーションを取る時間となるよう心がけております。
保護者の方とのコミュニケーションを取ることは
お子様のピアノが長続きするために大切なことなのです。

 

 

, , , , ,