Go to Top

経験の蓄積が個性になる

横浜市旭区南万騎が原アンピアノ教室

今朝の新聞を眺めていてふと目に留まった言葉

”経験が個性”

就活生に向けてアドバイスが綴られていました。

大勢の中で、いかに自分をアピールするか?
誰もが着飾って臨むのは当然だけど
失敗を恐れず、ありのままの自分を見せれば、すごく光るでしょうと。

なかなか・・・これは大変な要求だなという印象ですが
そういう面接官が存在する世の中であるなら
ピアノレッスンは、”経験値”を上げるシーンが多いのではないか?
と思いました。

ピティナのステップに継続して出ること
コンクールにチャレンジすること
ピアノのお稽古を継続すること

これらの経験は、子供たちの個性を形成する!
と、私は強く思っています。

そして、今、ある経験を子供たちとしたいと
企んでいることがあります。

幸運なことに☆
発表会のホールが当選しました。
そこで、今回は子供たちと一緒に作るコーナーを妄想中。
発表会の1つのコーナーを”作る” ”企画する”
を一緒に経験してもらいたいのです。

その案をお教室便りで発信しました。

先生ったらまた何を考えて・・・^^;

と、保護者の方は思われたかもしれませんね。
私も、はっきり言って
どうなるかわからないです。

誰も手を挙げてくれないかもしれないし。。。

夏休みまでに、数回に分けて
今回のコーナーの目的を理解していただいて
私も!ぼくも!
と言ってくれる子供たちが集まってくれたらなと思っています。

ピアノの発表会が、演奏するだけの場で終わってしまったら
もったいない!!
経験できることはいっぱいあります。

生徒さんたちが就活するころには、世の中は変わっているでしょう。
でも
多感な時期にピアノを通して経験したたことは
その時の”あなたの個性”としてきっと存在しているはず。

そう信じて
ピアノレッスンを通して子供たちの成長を
様々な形で応援していきたいと思っています。