Go to Top

バスティン編曲コンテストに向けて

またまた!バスティン編曲コンテストの季節がやってきました。
これで4回目のエントリーです。

今回は、新設された鍵盤ハーモニカとピアノアンサンブル部門に参加します。

アレンジをするときは、まず、教材のどの曲を選ぶか!
それが重要です。
テキストをずらーっと並べて♪決めた曲は

「ウィリアムテル序曲」

ベーシックシリーズの最後、4巻の中のさらに最後の曲。
なんと、ロ長調ですよー!
同音連打もじゃんじゃん出てきます。

シンプルですが、遊び心を忘れないアレンジにしました。

お教室内で 「先生のコンテストに出たい人 大募集☆」
したところ、5人も集まってくれました。
なので、張り切って鍵ハモパート3つも作っちゃった(笑)

5人のこどもたち、みんな練習している間にこの曲が大好きになり
「楽しい。いっぱい練習しちゃった!」

と、私はただ、楽譜渡しただけなのに
みんな進んで練習するという驚き。

さらに、ピアノの曲がだんだん難しくなってきて
最近、ちょーっと練習が辛い感じになってきていた子まで
「やっぱりピアノ楽しい♪」

この曲を選んでよかった。

お決まりの アノセリフ も、大好評で
そこだけ何度も弾く子がいたりして
ウィリアムテルは子供たちのハートをグッと掴んでくれました。
ロッシーニさまさまです。

今週末は初合わせ。

小道具も使って
ちょっとだけパフォーマンスも入れようかなーと妄想中。

一番楽しみなのは、先生です!!

そういえば・・・
これはコンテストでした(笑)

最後に楽しい演奏をお聞きください。