Go to Top

2月 2016

ピアノを弾く前に、まずピアノを弾く手を作りましょう

アンピアノ教室(横浜市旭区)赤松靖子です。ピアノを始めたばかりの小さな手は、1本1本が独立していないので、お隣の音を弾くことでさえとても大変なことです。無理に頑張ってひいたりすると変なクセがついてしまいます。なので、正しい鉛筆の持ち方やお箸の持ち方と同様、ピアノも正しい形をまず覚えてもらうことから始まります。Read More

スケール(音階)が全員の生徒さんに全調弾けるようになってほしい!~旭区アンピアノ教室です

アンピアノ教室(横浜市旭区)赤松靖子です。スケール(音階)やカデンツの練習をこの半年間を振り返ると、同じところからなかなか出られない生徒さんがいることに気づきました。その理由は大きく①調号②運指にあると考えます。どちらも、ピアノが難しいと感じる壁の1つですね。Read More

春休みはピアノ演奏抜きの音楽を楽しむ会で今年度の振り返りを!~旭区アンピアノ教室です

アンピアノ教室(横浜市旭区)赤松靖子です。2015年度のレッスンダイアリーもそろそろ終わりですね。去年は3月におさらい会を戸塚区の地区センターで行いましたが時間が足りず、その後お教室で振り返りをしました。今年はその反省もあり、おさらい会ではなく子供たちとピアノ演奏なしで音楽を楽しむ時間を作ることにしました。Read More

ピアノにとって2月は1年で一番危険な季節

アンピアノ教室(横浜市旭区)赤松靖子です。昨日はピアノの調律をしてもらいました。
前回の調律からまだ半年ちょっと。新しいグランドピアノはまだまだ不安定です。ピアノにとって一番危険な季節というのは梅雨時期なのかな?と思っていましたが、調律師さん曰く、今のこの乾燥した冬が最も危険な季節だそうです。Read More

今年の”先生と行くシリーズ”第1弾~旭区のアンピアノ教室です

アンピアノ教室(横浜市旭区)赤松靖子です。素敵なピアノ曲も沢山出版されている作曲家、春畑セロリ先生が音楽を担当されているミュージカル「白雪姫」のご案内です。レッスン室を飛び出して先生、お友達と一緒に鑑賞して同じ時間を共有することも大切なことと考え、保護者の皆様にもご連絡しました。Read More